書家の写真 ∞ 八戸香太郎

活動してきた各国の街を撮影中。オフィシャルなHPは→→→

メキシカンのテレビ取材 -ラティーノ達からの挑戦状-

昨日は東京の個展会場で取材を受けた。
ジャパニーズ・アーティスト・ドキュメンタリープロジェクトという事で、トーキョーワンダーサイトにレジデンスしながら日本人のアーティストを取材しているらしい。メキシコのTygreという制作会社だ。



まぁ、、大変よ。。

インタビュー1問目「書って何ですか?」

え、、?

2問目「漢字の歴史は精神的に影響してますか?」

は、はい。多分・・!?

3問目「漢字のパーツは大事ですか?」

え、クサカンムリとかそういう事?

俺の制作スタイルがどうとか、何を考えてるかとか、そういう事ではなくて、一般的な書の歴史や文字の成り立ちから教えるしかないわけね。。


↑しばし絶句の図

このプロジェクトは「Interior / Exterior」(内部/外部)というテーマで、作家の精神性(内部)と、社会(外部)がどのように関係しているか、あるいは関係していないのか、などを作品と人物のインタビューを通して考察するのが目的だそうだけど、なかなかそこまで行かない。(詳細はTygreのプロジェクトページをチェックしてください。日本語字幕付きのページもあります。)



で、いい加減イラッとしてるのを皆が察知して空気が固まる。いかんいかん。
まぁさ、ちょっと書くからさ、と提案する。

迷わず書けよ。書けば分かるさ。



かくして書く所をちょっと見せたわけだけど、やっぱり最初に見せておけば良かったよ。メキシカン達の目が変わったから。

「お前の表現したい事は全部わかったぜ!」とか「今まで話してもらった内容とパフォーマンスが完全に一致したから完璧に理解できた!」など、一気にラテン乗りに。ホントかよ。でも「文字を書くだけでなぜ表現に成り得るのか、アートに成り得るのか。」という彼らの疑問が少しは解消されたようだ。良かった良かった。



ふぅ。なかなかの強敵だったけど、こっちもいろいろと考えさせられたし、良い経験でした。「伝える」ってのは本当に難しい。。

この取材の模様は他のアーティストの取材と共に、メキシコの公営テレビ局Canal22とアメリカで2009年3月に放映されるそうです。

「Interior / Exterior」、、ちらっと聞いたら、他にインタビューした人はヤノベケンジ氏や会田誠氏など、錚々たるメンバーだったので、果たして彼らがこのテーマで何を喋ったのか、そっちに興味があります。だって俺の場合、半分授業だったし。。ま、元教師としては教えるのもキライじゃないですがね。。


追伸:というわけで京都に戻ってきました。約一ヶ月ぶりの家のふとんだぁ。
でも一週間したらまた東京です。ちなみに東京の展覧会は10月7日(火)まで。



↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ



photo by project8 - -
0

    個展の案内+α

    ぐは。やる事いっぱい。
    個展の案内は月刊ギャラリーにも掲載されていますので、場所が分かりにくい人は書店でチェックしてみてください。









    オープニングパーティは9月15日、18時からです。
    ライブペインティングは19時くらいからです。
    ギャラリー北井です。

    16日から上海のグループ展の為に上海入りですので、ずっと在廊するわけにはいきませんが、一応在廊予定日です。

    9月15日(18時から21時まで)
    9月16日(12時から14時まで)
    9月24日
    9月25日


    で、+αというのはオープニングの前の日にGEISAIに出てます。
    ギャラリー北井ブースで何か書いてます。もしGEISAIに行く人は寄ってみてください。

    GEISAI#11

    日時:2008年9月14日(日)
    場所:東京ビックサイト西1・西2ホール
    ブース:A-099
    時間: 10:00〜18:00

    詳しくはGEISAI#11のウェブサイトをご覧下さい。

    photo by project8 - -
    0

      夏だ!カレーだ!インドだ!!



      というわけで北京オリンピックも始まった折、皆様いかがお過ごしでしょうか。
      暑中見舞い申し上げます。

      私事ですが、夏はカレーという事で、今からインドに行ってきます。
      パスポート見たら7年振りというわけで、また景色も違って見えることでしょう。

      カレー食って、瞑想して、カレー食って、また瞑想。
      禁酒禁煙禁欲菜食生活で心身ともにすっきりしたいところです。
      それよりもネットや電話から遮断された場所に行くのが恐いのですが。。

      なぜ暑い時に暑いとこに行くのか。
      それは誰にも分かりません。
      なぜクソ忙しい時に旅に出るのか。
      多分それは逃避したいからでしょう。

      というわけで、皆様くれぐれもご自愛くださいませませ。。







      ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
      にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ


      photo by project8 - -
      0

        夏バテには、、



        こってり、ネギ多め、麺かためのニンニクあり。



        ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
        にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ


        photo by project8 - -
        0

          すごっ。



          何が凄いって、自分のスケジューリング能力のなさ。計画性のなさ。
          久々の追い込まれてる感。それが心地よかったりして。。

          夏休みの宿題は始業式の朝にやるもんだと思っていたが、どうやら大人の世界、そうはいかないらしい。そんな事学校の先生は教えてくれなかったぞ。いや、それを教えるために宿題があるのか。

          そんな事はどうでも良いのだが、ぶっちゃけ集中力には自信があります。続かないのが難点だけど、瞬発力はあると思ふ。

          それでもネットが家で使えないのはやっぱり致命的なダメージだな。。


          御利用は計画的に、、

          デキネェーからお宅から借りてるんだろーがっ。

          と、つっこみを入れてる人の気持ちも分かりますよ、ええ。。


          ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
          にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ


          photo by project8 - -
          0

            暑いからこそ、こってり

            さぁて、どれでいくか。
            一番こってりしてるヤツにしたいのだが。。


            くどい系。


            重たい系。


            がっちり系。


            書いてたら麻婆豆腐と餃子と炒飯が食いたくなって来た。
            ので、一人中華行ってきますっ。





            *このブログに載ってる書は、サンプルながら大体クライアントがいますんで、勝手に転載したりしたら怒られますよ。やめましょうね。使用したい文字があったり、オーダーしたいものがあれば連絡してくださいよ。ちゃんと対応しますんで。。




            ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
            にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

            photo by project8 - -
            0

              ねがいごと、はっ。

              七夕にあやかったのかどうなのか、我が故郷北海道では洞爺湖サミットがはじまりました。
              何やらお題は温暖化だそうですが、とりあえず一番のエコを教えとくと「何もしない事」です。

              それぞれの国の代表とたくさんの役人と、大量のメディア関係者とデモ活動の団体と二万人の警備ですか。その移動と滞在にかかるエネルギーは一体どれくらいなのでしょう。飛行機のジェット燃料から宿泊施設の光熱、大量の食料とゴミ。のどかな北海道の田舎にいろんなものが持ち込まれています。挙げ句の果てには自衛隊のミサイルまで出動です。

              ホントにやる気あるならネット会議を毎日しても電気代は知れてますよー。

              会場となっているウインザーホテルは、元々エイペックス洞爺というホテルでした。要はバブルの残骸にて拓銀の消滅と共につぶれたのですが、安く買いたたかれて復活したのです。豪華なホテルなのでこれまた光熱はバンバン使ってる事でしょう。

              で、買ったのはSECOMの子会社。ならセキュリティも万全!?
              何で洞爺湖でやる事になったかというと、これまたバブルの如く一瞬で消え去った「美しい国、日本」という言葉のイメージに合うからだとか。そんなキャッチフレーズもあったなぁ。。残念、安倍前首相。ちなみにSECOMの創業者とは仲良しだそうです。


              ま、何にしても北海道の景気が万に一つでも良くなればいいけど。。
              最後に個人的な願い事を控えめにひとつ。






              にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ





              photo by project8 - -
              0

                あ、あずい。。

                34℃。ふーん。。
                急に熱帯夜、というか社会科の時間に日本は温帯に属します、みたいな事を習った気がするけど完全に熱帯だと思います、先生。

                あー、体も心も行水したひ。。






                ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
                にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ
                photo by project8 - -
                0

                  秘奥義を極める。



                  【書に向かう時の心構え】



                  まず正座し、深呼吸して心を落ち着けます。



                  ゆっくりと墨を摩りはじめ、精神を集中させていきます。



                  筆にたっぷりと墨をつけ、静かに書き出します。







                  なんて、思ってませんか?

                  いや、そういう方法もあるんでしょうけどね、

                  最近のおすすめはこれ。

                  ↓↓↓

                  墨を摩る時は「北斗の拳」。


                  アニメ観ながら墨摩りです。特にクリスタルキングのハイキーな声がテンションを上げ上げにしてくれます。

                  で、「ヒョウゥ〜」とか「ア〜タタタタタタタッ」とか言いながら書くのです。

                  良いですよ。おすすめです。


                  というわけで「北斗の拳」は正統伝承者が既にいるので、私は「墨人拳」を極めようと思います。







                  にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ




                  photo by project8 - -
                  0

                    こじきゅうめい・2




                    【己事究明・こじきゅうめい】


                    自らを指し示す言葉は、漢字だけざっと見ただけでも「私」「僕」「己」「俺」「我」「吾」「余」「朕」などがあり、単語としては「自分」「自身」「自己」などがあります。

                    なぜ一人称を表すだけなのに、こんなにもたくさん言葉があるのでしょうか。その内のどれが正しい表現なのでしょうか。そこから考えると、どうやら私は相手によって自分を変化させているようなのです。自分の立ち位置によって、大きくなったり小さくなったりしているともいえます。

                    例えば、相手が目上の人だったりすると「僕」と呼び、友達と話していると「俺」と呼んだりする。オフィルシャルな場面では「私」というでしょう。あるいは自らの内面に問いかける時は「己」を使う時もあるし、文章を書いているときは「我」と表現する時もあります。

                    常に「誰か」を想定しながら自分の立場を明確にしているわけです。その事実は、どんなに否定したとしても、所詮「私」は社会の中でしか生きていけない存在なんだ、という事を感じさせます。自分は自分のみで成り立たない。それに、そんなにちょこまか自分自身を変化させているのだから、やはり自分自身を探してみたところで見つかるわけがないのです。残念ながら。


                    少し詳しくそれぞれの意味を探ってみます。
                    (結構読むのがダルいです。興味がない人は飛ばしてください。)


                    「私」:
                    話し手自身を指す言葉。字源としては「禾」が農作、「ム」がスキのような農具を意味する事から、スキで耕す身分のものを表す。元々は隷農的身分の意味だが、日本ではそこから転じて「わたくし」の意で使用している。正式には「わたくし」という。

                    「僕」:
                    古くは「しもべ」、下男という意味で、そこから転じて謙称として用いている。主に男性が使用する言葉。しかし字源から考えると、その意味は神に従うという意味であり、役職名であった。役職の地位は時代によって異なる。左側は「人」の義で、右側は「ほく」といって、木の棒の先に金属をつけた道具を指し、掘ったり打ち付けたりする為のものである。それを両手に持ったかたちから「あらけずり」という意味になる。このように、元からあった象形文字や指事文字を組み合わせてつくった漢字を会意文字(かいいもじ)という。

                    「己」:
                    一人称では自分自身を指すが、二人称では目下の相手、または見下している意味で使う。副詞としては「おのずから」という意を表し「自然と、ひとりでに」という意味にもなる。象形は己形の角度を測ったり、糸を巻き取るする為の道具のかたちを表す。一人称代名詞としての意味は仮借である。仮借(かしゃ)とは、その語の意味を表す文字がないため、元々あった同音や類似音の字を借りて表記すること。簡単にいうと当て字のようなもの。このように、造字方法や用法を大まかに分類したものを「六書(りくしょ)」といい、先の「会意」もそのひとつ。

                    「俺」:
                    形声文字で一人称代名詞として用いる。左側は「人」で、右側は「奄」。上部の「大」は人間が大きく足を開いているかたちであり、下部は図像を表している。その図像はある種族を表しているともいわれ、人の下にある事から、転じて「征服」「押さえつける」のような意味もある。元は北方族の言葉だったといわれているが、現代でも「俺」と言うと「男っぽい」「荒々しい」印象を与えるのは、古く北方族が当時の政権から見ると蛮族として考えられていた名残だろう。といっても三千年以上前の話である。

                    「我」:
                    一人称としては自分を表すが、二人称としては相手を呼ぶ語としても使われる。字源はノコギリのような戈(ほこ)で、もとは恐らく武器ではなくスキのような農具だったと思われる。しかし「我」をそのような意味で用いる事はなく、一人称代名詞として使われているので、仮借義である。しかし「義」のように、上部に羊(羊は神事の際に神に捧げた生け贄の象徴)が与えられた文字が残っている事から、「我」は他の一人称代名詞と比べて、自らを捧げるという犠牲心の意味を少し残しているように思う。

                    「吾」:
                    「まもる」「とどめる」の意味も持っている。上部の「五」は木を交差させてつくった器のフタで、下部の「口」は体の部位の「くち」ではなく、神事の際に使われる器である。つまり祈りを捧げた祝詞を入れる容器のようなもので、そこから神聖なものを「まもる」「とどめる」という義になった。形声としている辞書もあるが、字源と意味が繋がらないので、おそらくは仮借であろう。現代では「我」と同じ用法で使われるが、他には「吾妻」のように、相手を親しんで添える時にも使用する。

                    「余」:
                    象形からみると、細く鋭い刀のような形をしていて、どうやら手術の際に使われていたらしい。現代でいうところのメスである。しかしそこに「みずから」という意味はなく、仮借である。もとは特定身分を表す言葉で、王子が使っていた。そこから身分の高いものが自らを呼ぶ時に使用する一人称代名詞の意味になったと考えられる。

                    「朕」:
                    映画などで皇帝や天皇が使っている場面を見るが、起源は始皇帝の時代からと言われている。天子のみが使える自称だが、象形から考えると、両手でものを押し上げる、または捧げるかたちをしており、やはり仮借の義である。古くは「きざし」「しるし」の意も持っていたが、これも天子の尊厳を讃える意味からの転用であろう。

                    「自」:
                    「おのずから」の意味で「自分で」「ひとりでに」という意味を表す。象形は鼻を正面から見たかたちである。おそらく日本人が「え、私!?」といった場面において、人差し指を自らの鼻に指し示すのはこの義からであろう。欧米人はそのような場面では、必ず親指を心臓に向ける。心臓が自分の存在を象徴しているのは理解できるが、鼻が自分の象徴とは考えにくい。やはりそれは字源が関係しているように思える。

                    「自分」といった時には、自称以外に「おのが分」という意味をとって、自分自身の能力を指し示す場合がある。また「自身」は自分という意味の他に、その人自体、それ自体、という物理的な印象をもっている。「自己」は「我」とほぼ同じ用法だが、自らの内面性を強調する時に使う傾向がある。

                    これらの文字を眺めていると、自分はやはりそれだけで存在するのではなく、他者との関係によってはじめてその位置を定めているように思われる。


                    「人の振り見て我が振り直せ」とか「他人は自分の鏡である」とか。そういった言葉には、他者への意識が自己へのまなざしになるといった意味が含まれているのかもしれません。解釈を広げれば、「自意識」というのはとても大事な要素で、自意識を確立している人は他人の意識「他意識」にも敏感なはずであり、その意味においては社会的な存在といえます。

                    タイムリーなニュースですが、秋葉原の無差別殺傷事件の犯人は「女性にもてない」「負け組は生まれながらにして負け組なのです。まずそれに気付きましょう。そして受け入れましょう」と言っていたそうです。その発言はいずれも「他人と比較して」女性にもてない、「他人と比較して」負け組だ、という、他人を必要以上に気にした、他意識過剰の状態だと思われますが、同時にそれは自意識過剰な状態でもあります。

                    しかしその後「勝ち組はみんな死んでしまえ」「誰でもいいから殺したい気分です」「私より幸せな人をすべて殺せば、私も幸せになれますか?なれますよね?」という攻撃的で自暴自棄な発言に変わっていきます。そこからの一連の行動を見る限り、犯人はある時点から「自分が何者か」という自らを見つめる姿勢、つまり自意識を捨てたのではないでしょうか。その結果、他意識も欠落し、一切の配慮はなくなります。

                    自分が自分である事をやめた時点で他人も他人でなくなる。その瞬間、あの犯人は人間である事をやめたともいえる凶行に走ったのかもしれません。衝撃的な惨事です。たとえ極刑でも罪は償えないと思います。(本来はまだ裁判で結審していないので容疑者と記すべきでしょうが、あまりにも証拠が揃っているのでここでは犯人としました。弁護士は「心神喪失」と言って「精神鑑定」を要求する事になると思いますが、出来るだけ時間をかけずに結審してほしいものです。)

                    自意識過剰の行く末は自己の崩壊を示し、同時に他意識を失う事になります。逆にいえば、自分に無頓着な人は他者にも無頓着だという事になるでしょう。自意識と他意識は表裏一体で、自意識は他意識を生み、また他意識は自意識を育てる。自分だけの思い通りにする傍若無人を自由と呼ぶならば、自由は存在するべきではありません。「傍らに人無きが若し」とは、そばに人がいないかのような振舞いをするという意味です。それは自由になり得ない。

                    話を最初に戻しますが、結局「己事究明」というのは「他者究明」の意味でもあり、もっといえば「人間究明」なのかもしれません。

                    私はずっと自分が自分を支配できていないなと思っていました。自分との乖離というか、自分と自己との間にある違和感のようなもの。自分が自分として成立していないようなその感覚は、他人への興味の欠落が遠因にあるのかもしれません。別段今のところそれをどうこうしようとも思っていませんが、でもやはりフィットした感覚を持ちたいと願います。

                    他人への興味という点では、私はテレビを持っていない暦が長いのですが、ネット中毒になってからは幾分かニュースを見るようになったので、それはそれで良かったのかな思っています。それにしても、もうちょっと軽く書くつもりだったのですが、考えてる途中にニュースを見たので重たくなってしまいました。

                    結局どこに向かっていたのか、着地点を見失ったまま、当たり前の事をつらつらと書くいつもの展開ではありましたが、今まで考えていた事が少しまとまってきた感があります。




                    ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
                    にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ



                    photo by project8 - -
                    0
                      << 2 / 6 >>

                      このページの先頭へ