書家の写真 ∞ 八戸香太郎

活動してきた各国の街を撮影中。オフィシャルなHPは→→→

Iphone3Gは強敵だ。




我慢できるのか、Iphone。

かくして、巷で噂が広まっていた3GのIphoneが日本でも発売されますな。
予想通りキャリアはソフトバンクという事で。。

My Ipodの調子が悪い事もあり、しかも値段が前のモデルより$200くらい安くなっているわけで、こんなに仕事してないのに果たして我慢できるのか、不安。。

今は2つの端末に、VodafoneとT-MobileとDocomoのSIMを入れ替えしながら使ってるけど、IPhoneが3Gに対応した事で、ひょっとしたらこれ一機で携帯とIpodと場合によってはラップトップも持ち歩かなくて済むのか。すげー。

どちらにしても私の使い方だとキャリアフリーで使えるものしか意味を成さないので、日本では買わないでしょう。そうすると選択肢は香港でxxxなものを買うか、フランスで買うか。
SIMロックのセキュリティレベルは上がってるそうなので前モデルのように簡単にはいじれないかもしれない。でも香港人なら簡単にやるな、多分。。
フランスというのは、あそこの法律で端末をキャリアが独占するのを禁止している事から、前モデルでもSIMロックとSIMフリーのものが売っていた。この件に関してはアップルが敗訴しているみたいなので、多分3Gでも同じ売り方でしょう。

ただ問題がひとつ。

一つの端末で、電話して、音楽も聞いて、メールチェックもするとなると、、絶対バッテリーがもたない。ただでさえ評判の悪いアップル製品のバッテリーなのに、それだけ使い倒すと恐らく一年もしない内に交換を迫られるのでは。。

音楽やネットはバッテリーが切れたら我慢すればいいけど、電話が必要な時に使えないのは、まったくもって本末転倒。本体を分解しないとバッテリーを交換できない構造もどうかと思う。

それでも、携帯2つ、デジカメ、Ipod、DS、電子辞書、ラップトップ、そしてそれらのバッテリーやらチャージャーやらコードでぐっちゃぐちゃのカバンを見るよりは相当マシだよな。
緊急時にはIphone用の乾電池チャージャーで対応できるし。それにMobile Meでスケジュールやアドレスなんかが一元管理できるってのも素敵なポイント。


いや、理想は何も持ち歩かない事、それは分かってるんですがね。いかんせん物欲に負けっぱなし。。



追記:
興味のある人にはすごく興味のある、でも興味のない人には全く興味のない話です。しかし世の中のすべてはその仕組みだと思います。だからビジネスとしてはできるだけ万人にうけるものをつくるのが王道。でもそれ故におもしろく無くなってしまうのも事実で、日本の家電や車なんかが全部同じデザインに見えて仕方ない。その方が売る方も買う方も安心できるのでしょう。デザイナーが尖ったのをつくりたくても、決定するクライアントが躊躇してしまう現実もある。でもそんな丸いデザインが好きな日本人にとっても、アップルのデザインとやり方は参考になると思うのです。結構欠点があるし、機能的にも最新の日本製に全然及ばない。それに使う人を選ぶようにも見えるんだけど、ものすごく突出した点がある。更にマーケティングとプレゼンテーションの上手さで結果的にはπを広げている。万人受けをねらってないのに売れてしまうのは、たぶん万人受けをねらっていないからでしょう。矛盾してるようで真実です。あれもこれも、何でもできる万能は、実は何も出来ないのと同義なのかもしれません。人間も同じです。



※画像はアップル社のホームページより拝借。問題あれば即削除します。

↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ

photo by project8 - -
0

    過充電中




    久々にアニメ観て刺激された。


    【ケモノヅメ】



    監督・原作 / 湯浅政明、マッドハウス
    キャラクターデザイン / 伊東伸高

    こんな凄いのをいままで知らなかったとは、不覚。
    万人受けしそうな感じが一切ない故、興行的には成功したのか定かではないけど、
    才能が溢れてるなぁと思った。


    映像作品として表現できてるアニメ。
    実は結構少ないと思う。


    このスタッフで全編筆ペンのモノクロ作品つくってくれんかなぁ。




    (画像は公式サイトから拝借。著作権等問題あれば即削除します。)





    photo by project8 - -
    0

      a-a.



      あーあ。めんどくせーけど、やるかぁ。
      めんどくせーけど。

      生きるのがめんどくさくなる前にやらないとね。
      生きるのがめんどくさくなるんですよね。

      だからやるかぁ。
      めんくせーけど。。








      にほんブログ村 美術ブログへ


      photo by project8 - -
      0

        ペラMac



        出ましたねぇ、ペラMac。
        出る、出る、とは方々から聞いてましたが、この時期とは。
        もちょっと早くしてくれよ、と。。

        何の選択肢もなく、どうしようもなくて、仕方なしにMacBookを買わざるを得なかった身としてはニントモカントモな思いですが、それにしてもこれだったら飛行機移動が格段に苦痛じゃなくなるんじゃないか、と。

        ま、筋トレと思えばいいさね。

        にしても薄い。。パキッと逝きそうなほど、薄い。

        だからこれをペラMacと呼ぶ事にしました。ちなみに値段もペラペラです。
        何がって、諭吉がペラペラと飛んでいきます。このマシンのパワーでこの値段は強気すぎるぞ、スティーブ。。





        にほんブログ村 美術ブログへ



        photo by project8 - -
        0

          あまいもん




          あぁ〜あまいもん食べたい。
          なんで夜中になると腹が減るんでしょう。
          何か冷蔵庫に入ってないかなー。
          コンビニいきてー!

          あそこは天国でしょ、、。

          今度帰国したらコンビニのハシゴとかしてしまいますね、絶対。
          取りあえず季節限定物のお菓子は全て制覇せねばなるまいて。。

          photo by project8 - -
          0

            時間

            2ヶ月前↓


            現在↓



            空き缶で育てたバジルだってこんなに成長するのに、何で私の感覚はこんなに成長しないんでしょう。さっさと次の次元にいきたいもんです。


            そういや8月15日でしたね。ちっさい頃からの習慣で一分間黙祷しました。
            日本の『戦後』もそろそろ成長していってほしいな、と葉っぱをむしゃむしゃ食べながら思います。



            ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
            にほんブログ村 美術ブログへ






            photo by project8 - -
            0

              デジタルのアナログ

              え〜、皆さんお久しぶりです。お元気でしょうか!?
              日本はお盆ですね。お盆てなんだっけ?

              というわけで最近いろんな事がありすぎましたが、、こちらは、ま、何とか何とかです。
              でも一番痛いのが命と筆の次に大事なmakinがファッキンになってしまった、という事でしょうか。

              ずっと調子が悪かったのですが、とうとうお迎えが来る日も近くなってきたようです。
              これを機にネット社会から脱却する事も考えましたが、どうやらすでにネット社会と現実社会は逆転、あるいは混在しているようで、そのどちらかを消す事はいまの状況では無理なようです。

              で、いまの画面はこんな感じ。



              画面の3分の2は確認する事が出来ません。私の思考力も丁度こんな感じになっているようで、脳みその中の灰色の細胞が微動だにしないようです。

              修理に出すと新しいのが買えちゃうくらいなので、買っちまおうかと思ってますが、いかんせん、いま使ってるやつは思わず擬人化させてしまうくらい愛着があるやつなので考えものです。一緒に地球何周もしてる相棒ですからね。そうはいっても仕事になりやしませんが。。

              しか〜し!

              あるアイディアを参考にしたところ、直っちゃいました(仮)




              すごいですねぇ。

              秘密はコレ↓



              ダンボールと洗濯バサミの威力をこれほど感じたことがあったでしょうか!?
              やっぱアナログですよね、最後は。

              かくしてマイパワーブックのお盆送りはもう少し先の事になりそうです。秋まで生きてくれたら御の字です。


              「明日はあしたの風が吹く」


              テイクイットイーズィ〜



              ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
              にほんブログ村 美術ブログへ


              photo by project8 - -
              0

                830



                バースデーウィークも終り、それに合わせたように個展も終わりです。
                たくさん食べました。。
                祝ってくれた人どうもありがとう。
                サプライズしてくれた人どうもありがとう。
                プレゼントしてくれた人もどうもありがとう。
                そしてたくさんのコメントありがとうございます。

                おかげおかげ、でここまで来ましたので、これからもどうぞよろしくお願いします。

                さて、祭りの後。。
                これから2日間かけてギャラリーから搬出です。すべての文字が消えていく。。
                寂しい気もしますが、不変なものなどない、という事で儚さを噛み締めながらローラーで壁を白く塗っていきたいと思います。全部消します。



                ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
                にほんブログ村 美術ブログへ


                photo by project8 - -
                0

                  Welcome MISOJI !!!





                  HAPPY BIRTHDAY TO ME!!

                  お祝いメールたくさんありがとうございます!
                  Thank you so much for your lovely e-mail !!
                  and thank you for inviting me to the birthday party as well !!!


                  というわけで三十路になりました。
                  わけあって30です。わけがなかったらこんな風に生きていないと思うので。

                  でもいまだ元服できず。。
                  これから、これからです。

                  いままで文句もいわずにサポートしてくれた人達、どうもありがとう。
                  特に両親、どうもありがとう。
                  おかげおかげ、でここまで来れました。これからもよろしく!!


                  あざぁーす!!!






                  三十路を記念して。
                  [misoji] which means thirty's xxx !!





                  photo by project8 - -
                  0

                    mixi




                    マイミクが88人になってた。
                    いや、それだけなんだけど、なんか良い事あるかも。

                    と、思わずにはいられないくらい最悪の事ばっかりだったからなぁ。
                    そろそろ少しくらい良い事あってもいいでしょ。

                    と、思ったらもう89人になった。
                    げっ。




                    ↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
                    にほんブログ村 美術ブログへ

                    photo by project8 - -
                    0
                      << 2 / 4 >>

                      このページの先頭へ