書家の写真 ∞ 八戸香太郎

活動してきた各国の街を撮影中。オフィシャルなHPは→→→

京都の恥部(臭いものにはフタをしろ!)




とつぜんですが、皆さんゴミを捨てた事ありますか?

ありますよね、普通。みんなあると思います。

じゃ、どこに捨てますか。


日本だと道路に捨てますよね、普通。
決められた場所、決められた曜日にゴミ収集車が来るわけです。

じゃ、そのゴミはどこに行くか知ってますか?

多分焼却場だと思います。

燃えるゴミはそうですよね。では燃えないゴミは?埋め立て用地に直行?

大体ゴミの分別ってしてますか?

これは都道府県、それぞれの市町村によって違うと思います。分別する街とそうじゃない街がある。あるいは分別していてもその方法や分別種類がそれぞれ違う。出るゴミは一緒なのに。この辺から大分怪しくなってくるのですが、これ以上突っ込んで考えないのが大人仕様てわけです。

「臭いものにはフタをしろ」

これが日本の見えない法律である事はうっすらと知っていました。フタをしたら匂いませんもんね。


でも、そこに臭いものがある事には変わりない。
見られたらマズいものにはとりあえずフタをして、そこから離れる。あるいは気付かないフリをする。そしていつしか忘れ去る。この思考方法は日本の至るところで出会っているような気がします。


話をもとに戻しましょう。


燃えるゴミは焼却場へ。

燃えるゴミの中に燃えないもの、たとえば空き缶を入れておいたらだめですよね。焼却できずに燃え残ってしまうからでしょうか。ふーん。

誰かが決めたルールだから盲目的に受け入れる。

お上が決めた事だから何も考えずに従う。

私もそうしてます。その方が楽です。考えなくていいんで。


じゃ燃えないゴミの中に燃えるゴミを入れたらどうでしょう。燃えないゴミが埋め立て地に行くなら燃えるゴミが入っていても問題ないような気もします。

最近はリサイクル用品の分別なども流行ってますね。ほんとに流行ってるって感じです。

京都では最近までペットボトルなどのリサイクル用品(と一応呼んでいるもの)の分別をしていませんでした。去年までそうでした。
ところが今回帰国してみると、いつのまにか分別するシステムに。指定のゴミ袋で出さねばならず、しかも分類が細かい。

そして指定のゴミ袋、これがまた予想通り、べらぼうに高い。そして品質が悪い。

ま、これは他の行政区と一緒で利権です。ゴミ袋が指定って事はゴミ袋を製造しているメーカーも指定されてるってわけです。つまりその製造業者はシステムが変わらない限り、永遠に安定した受注を受けられるんですね。

恐らく天下り先がからんでるか、あるいは特定業者が受注しているのでしょう。うがった見方をすれば、その利権を生むために指定ゴミ袋が存在しているようにも思えて来ます。冷静に考えれば、ゴミを分別する事とゴミ袋を変える事に関連性なんかありません。そしてそれは、環境の事を考えて分別しているわけじゃない。

なぜそういえるのか。

実は京都にはゴミ処理場がいくつかあります。燃えるゴミは焼却し、燃えないゴミや粗大ゴミは粉砕した後に焼却します。名前は「クリーンセンター」。とっても美しいネーミングですね。

このクリーンセンター、実に優秀で、なんでも来い状態でゴミを待ち受けています。つまり、、燃えないゴミも燃えるゴミも粗大ゴミも、全部ここに来てたってわけです。

え?

そうです。皆さんがわざわざ仕分けして出したゴミはここで一緒になってたわけですね。すばらしい仕組みでしょう。行き先は一緒なんです。どんなゴミの仕分けをしようが、どんな色のゴミ袋で出そうが、何の意味もないって事です。

もちろん行政に言わせれば、いろんな理屈をおしえてくれるでしょう。でも根本的にはそういう事です。これはどこの行政区でも似たような状況かと思います。もし違ってたら教えてください。


なんでいきなりそんな話をしたかというと、このクリーンセンターは一般の人もゴミを持ち込めまして、つまり何でも捨てて良いのでして、最近行って来たわけです。そのへんの事は前に書いた文章で御察しの通りです。


粗大ゴミ、例えば壊れた家具とか、ベッドとか、あるいは壊れた自転車とか、どうしてますか?
引っ越しの時とか、家具を買い替えた時、どうしても粗大ゴミが出ますよね。

もっといえば家を建てた時、内装を変えた時、その時ゴミがでますよね。さらに言えば家の前の道路をつくった時、道路の標識をつくったとき、信号機をつくった時、そしてそれが壊れて交換する時、ゴミが出ますね。そのゴミはどこに行っているのでしょうか。


あなたの粗大ゴミ、市町村が回収しにきますか?それともリサイクル業者なんかにお金払って引き取ってもらいますか?

どっちにしても一緒なんです。

どっちにしても行き先は「クリーンセンター」です。結局ここにくるんです。だから私達は直接行きました。どんなんになっとるんだ、と。ええ、燃えるゴミだろうが燃えないゴミだろうが、家具でも自転車でもプラスチックでも何でもござれです。「○○トン」でなんぼ、の世界ですから。。

あ、でもテレビとか冷蔵庫、エアコンなんかのリサイクル法にひっかかるやつは駄目だって、そう書類に書いてました。でも、実際には。。。

都市部にはたくさんのゴミがでます。人間がゴミをだすのか、はたまたゴミが人間なのか、それは分かりませんが、今回は良い社会科見学ができましたよ。


みなさんも都市を支える「クリーンセンター」へ行ってみてはどうでしょうか。



にほんブログ村 美術ブログへ

photo by project8 - -
0
    << 秘密基地 | main | あ、個展@京都 >>









    http://blog.kotarohatch.com/trackback/933255

    このページの先頭へ