書家の写真 ∞ 八戸香太郎

活動してきた各国の街を撮影中。オフィシャルなHPは→→→

鞍馬の火祭・2



各家々の前にあるでっかい松明を「サイレヤ、サイリョウ」と囃しながら神社まで奉納してきます。



今年はあいにくの雨でしたが、種火が至る所にあるので寒くありません。



松明はかなり大きいです。何人かで持ちますが、熱いし重いし、その地域の家々の男達の根性が試されるわけでう。子供達はこれを担ぐ事が出来るようになって初めて一人前と認められます。



こういう行列の火を見ていると、あぁ地域の宗教行事なんだな、と思います。本来は公開するものではないのかもしれません。でも公開する事によって寄付や援助が集まって継続させて行ける側面もあるのでしょう。難しい所です。



最期は「え、火事?」というような光景。



意外と住んでる地域の観光ってしないもんです。実は私も今回初めて行きました。やっぱり住んでしまうと生活って感じになってしまって、逆に足が遠のくのでしょうかね。でもどんな小さな地域にも歴史があるわけで、お祭り事に参加するのは直に歴史を感じられておもしろいもんです。ちなみに火祭も全国各地であるようですし、皆さんも地域の行事に参加してみてはいかがでしょうか。


↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ






photo by project8 - -
0
    << 鞍馬の火祭 | main | せいりせいとん >>









    http://blog.kotarohatch.com/trackback/1234201

    このページの先頭へ