書家の写真 ∞ 八戸香太郎

活動してきた各国の街を撮影中。オフィシャルなHPは→→→

莫于山路50号



通称「M50」は上海におけるアート地区。NYのチェルシーを目指したいのでしょうか。
ここも、寂れた工場跡を何人かのアーティストがアトリエとして使いはじめ、次第に大きくなっていったそうですが、違うのは2005年に「M50創意園」という名になった所。つまり「これは儲かる!」と思った上海市が肝いりでそういう地区にしたわけです。



それはつまり政治が入ってしまったという事で、事実今は観光名所になっている。
だからその辺の肉まんが15円くらいなのに、ここではコーヒーが500円もする。
肉まんの30倍以上のコーヒーって何よ?



だから実際に観ていくと、バキバキのギャラリーもあれば、



土産物に近いくらいの絵もわんさかある。

その辺のごちゃごちゃになってる感じが中国なのかもしれないが、レベルの高いギャラリーは大体オーナーがアメリカ人かイタリア人など。結局上海アートを盛り上げてるのは白人なのかもね。ま、いいんですが。




日本も何でもいいから早くアートを日常に取り入れる日が来ればよいですけどねぇ。
江戸時代みたいに。。



↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ

photo by project8 - -
0
    << 撮っちゃいな。その弐 | main | メキシカンのテレビ取材 -ラティーノ達からの挑戦状- >>









    http://blog.kotarohatch.com/trackback/1212170

    このページの先頭へ