書家の写真 ∞ 八戸香太郎

活動してきた各国の街を撮影中。オフィシャルなHPは→→→

India・12

綺麗な空の下。しかしこれが現実です。


実は墓場なんですが、ゴミの山。発酵して有毒ガスも立ちこめてます。


でも彼らにはそこが宝の山。


そしてロバ達には食料の山。


野ブタにとっても生活の場。


そしてこの子にとっては遊び場であり、家なのです。


臭い物にはフタをして、見なかった事にする。
この方法は日本人が最も得意なやり過ごし方です。
でも一度見てしまったら、どうしましょう!?
それでもやっぱり見なかった事に出来るでしょうか。
この子供は運が無かった。
その一言で片付けられる人間になるのは、難しい。
でも、じゃあ何ができる?
その子供の瞳を見つめながら言ってあげられる言葉が、私には見つからないのです。
どこまでも無力なり。
こういう時に人は天を仰ぐ。でもそこに答えなどありません。
やっぱり自分にがっかりしながらも、考え続けるしかないでしょう。





【東京・上海の展覧会の案内はこちら】


↓↓ 1day 1click, Thank you〜 ↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ







photo by project8 - -
0
    << India・11 | main | 心静かに手を添えて散らすな漏らすな玉の一露 >>









    http://blog.kotarohatch.com/trackback/1196814

    このページの先頭へ